とろろのひとりごと

B’zをこよなく愛するオタクな社会人。腐り気味。書きたくなったらぼちぼちと。マンガ・小説・アニメ・映画・音楽等。インドア派。近況報告が主です。

読書アプリのジレンマ

最近、比較的本を読んでいる。

元から読書自体は嫌いじゃないんだが、どうにもこうにも読むスピードが遅い。しかも趣味が書店徘徊なので、どんどん積読本が溜まってしまう。

 

これではイカン。このままではせっかく買った積読本を読みきれず、面白い作品を見逃して死ぬんじゃないかしら。

そこでスマホに入れたまま放置していた「読書メーター」というアプリを活用してみることにした。

 

f:id:tororomix:20170724184039j:image

 

バーコード読み取り機能

スマホ版の「読書メーター」の凄いところは、本のバーコードを読み取って自動検索出来るところだ。これは面白い。カメラからバーコードを読み取らせると的確にその本の情報が表示されるのである。そしてそのままマイページに登録が可能である。めちゃくちゃ簡単で、いちいち気になる本の情報をメモする手間がない。

 

 

読書量を稼ぎたい?

もうひとつ、凄いところがある。マイページを作って読んだ本を登録していくと、本の冊数やページ数を勝手に累計して計算してくれる。そして、アプリ登録初日から計算して、月・週・日で平均読書量を算出してくれるのだ!!

私はこの読書量のデータを眺めるのが大好きで(ぐふふ……今月はなかなか頑張ってるんじゃないの)などとにやにやしてしまう。

読書をしたくてアプリを使っている筈だが、アプリのデータを伸ばしたくて読書冊数を稼いでいるような状態だ。なんだか本末転倒である。

 

魅惑にナイス!

しかし、自分の成果が数字やグラフで目に見えるのは良い。人間は褒められたい生き物なのだ。そんなダメな私に嬉しい機能がもうひとつある。

それは、ナイス!の機能である。ツイッターInstagramでいうところの、いいね!である。読んだ本のレビューを書いて投稿すると、それを見た人から ナイス!をもらえることがある。

これがとても嬉しい。励まされる。今度はもっと面白いレビューを書こう、とか思う。そして本を読みながら面白い部分を探すようになる。ナイス!を頂きやすい有名な本を選んで読むようになる。

なんだか嫌らしい読み方だなぁ。まぁ漫然と読書をするより建設的だ(と思っている)

ここでもナイス!を得るための読書になっているんじゃないかしらというジレンマにちょっと心が痛むのだ。

 

 

 

まぁそんな感じで、若干アプリに振り回されつつ積読本消化頑張ってます。なんだかんだ読書ってやっぱりいいよねって話でした。

噂の『バッタ』本

先日の仕事の泊まり明け。バス待ちの間に近くの本屋さんに寄りました(私は暇があれば書店を徘徊する習性がある)。寝不足の頭で店内を物色していたらツイッターで流れてきた

『バッタを倒しにアフリカへ』

を発見しました。いや、ふざけすぎだろこの表紙wwwwwwと若干引きつつ、暇つぶしに立ち読みし出したら止まらなくなってしまったので購入して帰宅。

 

「 バッタに食われたい」ってこの先生なかなか変態だなぁ(良い意味で)

 

深刻な就職事情とかモーリタニアでの苦労等、大変な場面は色々あるものの、終始明るく軽く愉快に語っているので、胃もたれしないでサクサクっと読み進められるのが良い。写真も豊富。あまりノンフィクションは読まないのだけれど(ついでに昆虫に縁のないド文系だけれど)語り口次第で面白く読めるものだなぁ。

 

海外生活体験記としても楽しい一冊。

表紙や「バッタ」の文言に食わず嫌いしている方がいたら勿体無い。とりあえず面白いから皆読んで!!

 

本気で読み終わるのが惜しい、久々の大ヒットでした。ヤッタね!

 

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

 

 

最近おいしかったモノの話

ご無沙汰してます。とろろです。

世間では、ポテチの生産停止騒動で大騒ぎですねー。

かくいう私も重度のポテチ中毒患者なのでひとごとではないのですが・・・(ちなみに一番好きなのは湖池屋ののり塩です。これが無くなったら死ぬ)

 

そこで今回は最近おいしいと思ったお菓子について書きます~。

 

クランキー抹茶&クッキー

スーパーのレジ脇に置いてあって、なんとなく買ってみたんですが、

なにこれめっっっちゃおいしい!!!

 

銀紙をはがすと漂うお抹茶のよい香りとサクサクのクッキーの食感。

ほんの少し抹茶の苦みがありつつチョコレートの甘さでカバーされていて、しかもその甘さもクドくない。板チョコ食べきれない私でもガンガンいける。

なんだこのすごいチョコは!!初めて食べたときびっくりしました。

最近は目につくたびに買ってしまいます。店頭から消える前に箱買いしたい。

 

期間限定なのかよくわからないですが、抹茶味が好きな人はぜひ早めにお試しあれ!!

 

ロッテ クランキー(抹茶&クッキー) 1枚入×10個

ロッテ クランキー(抹茶&クッキー) 1枚入×10個

 

 

無印良品いか軟骨

最寄り駅に無印良品が入っててよく寄ります。

たまたまこの「いか軟骨」を見かけて買ってみました。

 

お味は・・・なんというか本当に裏切らねーなって感じ。

ほどよい酸味と塩っ気がクセになります。

あと、なんと言ってもこのコリコリグニグニした食感がね・・・ハマるよね。

硬すぎでもなく柔らかすぎでもない・・・・・・ちょうど良いんですよね。

作業中口寂しいときに最高のお供です。美味しい。私は全く飲みませんが、お酒のおつまみにも良いのでは・・・ないだろうか・・・・・・。

 

あとカロリーが一袋79kcalってのも良いですね。

一袋割と小さいんですけど、噛み応えがあるので結構満足出来ます。

 

一袋150円なんで、無印行く機会があったら試してみてください。

美味しそうなバウムとかクッキーとかに比べると地味だけど・・・

私は・・・好きだよ・・・・・・

 

 

それでは今日はこのへんで。解散~~

 

 

 

 

大掃除その後

こんにちは、とろろです!!

雪が溶けては積もりを繰り返し、なかなか暖かくならないですね。

今回は前回の大掃除のその後の話です。

(前回の大掃除については、前の記事を見ていただけると幸いです)

 

 幸い大掃除から数ヶ月経過した現在、プチリバウンドを繰り返しつつも、なんとか「まあまあきれいな部屋」を保つことに成功しています。

 

 

ちなみに「まあまあきれいな部屋」とは、部屋の入り口からベッドまでモノを跨がずに移動できる部屋です。他人が来るなら、「少し片付けさせて!」と待ってもらう感じ。いきなり見られると困るけれども、自分一人生活する分には困らない部屋。

まあ、世間一般の感覚でいえば、「モノが多くてちょっと散らかった部屋」レベル。

汚部屋住人の私にとっては「まあまあきれいな部屋」と呼べるわけです。

 

 

以下に、この「まあまあきれいな部屋」を維持するために効果のあったことを書きます。

 

モノの置き場を決める。

以前の大掃除では床を片付けるために、とりあえずクローゼットにモノを突っ込みました。その際に、マンガや文庫はクローゼットの下段、買い置き洗剤等は洗面台の下、というようにジャンルごとにモノの置き場をざっくり決めました。

 

すると、モノをどこにしまうか判断するのにかかっていた時間が大幅に減少。

片付けに取りかかりやすくなり、床に直置きしていた行き場のないモノたちが減りました。

新しく買ってきたものも、すぐに置き場にしまえるようになり、レジ袋に入ったまま床に放置・・・ということが無くなりました。

 

そして、発見したのが、

「私は片付け自体が嫌いなのではなく、散らかったモノをどこにしまうか考えるのが嫌いだったのだ」

ということです。

今回のようにモノの置き場を決めることで、考えるストレスは無くなりました。

「あとは体を動かして片付けるだけ」

の状態にいつもしておくことで、日常的に片付けることができるようになったと思います。

 

電子書籍に手を出す

小説・マンガ好きにとって、部屋に増殖し続ける本をどうするか?は永久の課題です。私もそうだったし、今もそうです。

新しい本を買わなければ良いのでは?という考えもごもっともなんですけど、日々新しく生まれる魅力的な作品を読まずにはいられない。集めてるタイトルの新巻だって出るし。

 

そんな私はついに電子書籍に手を出しました。

以前は「紙じゃない本なんて、すかしてんじゃねーぞ、ケッ!!」

と思っていたのですが、いざ使ってみると電子書籍は馬鹿にできないですね・・・すみませんでした。

 

何が良いって、

いくら読んでも部屋に本が増えない!!

ってことなんですよ・・・。しゅごい。

しかもアマゾンで現物を注文するよりずっと早く(なにしろワンクリックで)読める。

さらに紙の本よりちょっとだけお安い。

また、古本屋でも見なくなった過去の作品が見つかる場合もある。

 

小説とかはさすがに目が痛くなりそうなので読まないですが、特別好きな作品でなければ、コミックはまず電子書籍版を探すようになりました。

 今後もうまく活用出来たらなーと思います。

 

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 

 

「捨てる」を日常にする。

衣類を捨てまくった前回の大掃除以来、不要な服は日常的に処分するようになりました。

「これもうヨレヨレだなー」とか「かなり伸びてきたなー」とか。

「結局たいして着てないし、今後も着ないだろうなー」とか。

「新しい靴買ったら履かなくなったな・・・」とか。

そんなことを感じたら「でももったいないし、必要になるかもしれない・・・」という心の声は聞こえないふりをしてその場で捨てます。

ちょっと罪悪感のあるときや思い出の服は写真をとって捨てます。(でも写真を撮っても数日後には忘れてケロッとしてるんですが)

 

古い服を処分したことで、新しい服を買う空間的余裕が生まれました。また、新しくてきれいな服やお気に入りの服をいつも着られるっていいなーと思うようになりました。

モノを捨てるって悪いイメージだったけど、生活を快適にすることも出来るんだなーと感じる今日この頃です。

 

今後は処分:購入が2:1くらいで、徐々にすっきりしたクローゼットを目指したいですね。

 

まとめ

以前の大掃除から現在に至るまでで学んだことは、

片付けは日常なんだな

ってことです。常に部屋のきれいな人は、日々の中で少しずつ散らかしては片付け処分し、また散らかし片付け・・・・・・のサイクルをマメに繰り返して美しい部屋を維持しているんだと思います。

 

その点私はズボラなので、散らかすことばかりをして、片付けと処分のサイクルが機能していなかった。健康な時に生活出来るぎりぎりの部屋で毎日を送り、いざ骨折したときにものすごく困ったというわけです。

 

今後、散らかし→片付け→処分のサイクルをこまめに回して「まあまあきれいな部屋」を維持しつつ、突然人が入ってきても困らない「きれいな部屋」の住人になることを目標にしたいと思います!!

 

以上、解散ッ!!!

趣味って大事だな、と思った私の近況

こんにちは、骨折の次はインフルエンザになった とろろです!

厄年かよって感じなんですが……健康に注意して平和な一年にしたいと思います。

そんな私は、最近トチ狂って漫画を描き始めました!!そんな近況を書きます。

 

f:id:tororomix:20170129083800j:image

 

きっかけ

もともと大学時代は漫研という筋金入りのオタクなんですけど、就職して以来、本格的に漫画を描く時間がなくなってしまいました。

定時で家に帰っても、鉛筆で落書きする程度。テレビを見たり、スマホいじったり。

接客業なので、毎日が消化試合というか、出来た!!完成した!!っていう達成感が無いんですよね。

 

それってなんか、無為じゃね??毎日毎日つまんなくない??充実してなくない??

っていうもやもやがずーーーっとあって、飽きたらやめればいいや!!という勢いで漫画を描く道具を引っ張り出したのです。

 

毎日が!楽しい!!

描き出してしばらくは、ペンの使い方に四苦八苦し、完全にリハビリ状態だったんですが、最近は原稿するのがメッッッチャ楽しいです!!

今日はこのコマまでペン入れ出来た!トーンが貼れた!!っていうちょっとずつでも確実に前進してる感じが超楽しい。出来たモノが目に見えるという点も良い。

 オレ……いま生きてる………………って感じです。

 それにともなって、なんか生活全体が良くなってきました。

 

相乗効果で良くなろう

見出しはB’zの某曲の一節です…

 

漫画を描き始めて変わったこと

まず、無駄なダラダラ感がなくなりました。早く原稿したくて、寄り道せずにさっさと家に帰るようになりました!時間を確保するため、ご飯もさっさと食べる。時計をよく見るようになったかな〜

 

第2にちょっとだけ早起き出来るようになりました。

朝に一箇所でもトーン貼れると嬉しいので。

 

第3に予定が無い休日が充実してきたこと。

スマホとテレビと昼寝でぼーーーっと過ごして、「何もしなかった…」とがっかりすることがなくなりました。これは精神衛生にも良い。

 

結論:

趣味ってメッッッチャ大事ですね!!!!

なんか、すごく元気が出るっていうか、毎日に目的がある感じがとっても良い。

漫画描き始めて良かった………

しばらくはこんな感じでうざいくらいテンション高く生きようと思います!!!!

みなさんも趣味を大切に!

 

以上、解散ッ!!

 

骨折したついでに大掃除しました

人生初骨折、そのとき汚部屋住人は…

先日職場ですっ転び、右足を骨折しました…。

そんで、しばらくギプスに松葉杖の生活してたわけなんですが、

モノが散らかった部屋で松葉杖を使うってめっっちゃツライ!!!

しかも色んなモノにつまづいて危ない。こりゃーそろそろ掃除しなきゃな、と痛感。

ギプスが外れてちょっと動けるようになったので、重い腰をあげた次第です。

 

掃除とは捨てること。

今回の掃除の目標は、玄関からベッドまでモノを跨いで移動しなくて済むようにすることでした。

クローゼットの中の整頓とか引き出しの中とか見えないところはとりあえず後回しです。

 

いろいろな部屋の片付けサイトとか見たんですが、そこから学んだのは

とりあえず捨てろ!!!

ってことですね。

まず物量を減らさないとモノをしまうスペースも生まれないし、掃除も出来ないぜ、と。

床が散らかってたら気持ちよく掃除機もかけられないってことですね。反省反省。

 

仕方ないのでこの際いろいろと処分しようと思いました。

捨てる捨てる捨てる!!!

わたしがまず重点的に処分したのは衣類です。(さらにいえば夏服)

理由は、1番こだわりがないから。もともとオシャレに興味がないのでね。

処分するか残すかの基準は、以下の3点です。

 

・今シーズン着たか?

・存在を覚えていたか?

・この服が好きか?

 

最後のはアレです。

そのモノにときめくかどうかで、処分するか判断するっていう断捨離プロのひとの考え方を参考にしました。(名前忘れちゃった)

 

そしたら出るわ出るわ。

持ってたけど今年一度も着なかったチュニックとか。

買って存在を忘れてたスカートとか。

買ったけどイマイチな上着とか。

 

なんかもう、すごい。どうでもいい服がいっぱい出てきた。

そーゆーのをあえて無慈悲にガンガンゴミ袋に突っ込みました。

正直へこんだ。

 

ここで重要になってくるのが、

買ってから通算何回着たか?とか買ってどれくらいか?いくらしたか?とか考えないことですね。ちょっと心が揺らぐこともあったけど。

たとえいくら高くて、今年買ったばかりの服でも、着なきゃ意味ないし、存在を忘れてたなら持ってないのと同じだから。

なので新旧問わず要らない服は捨てました。

逆に、数年着てて毛玉が気になるけど、このセーターが好きなんだ!!って感じのは残してオッケーってことですね〜。

 

服と同じく、コミックとかグッズとかも大体同じ基準で処分しました。

私の場合、とにかくこれらが多い!!!部屋のクローゼットはほとんどこれらに占領されてました。

ただし、本やグッズは中古で売れるものもあるので、売るものは別にまとめました。

 

でもこれは、正直あんまり成果が出なかったな。

なにせ好きだから。愛情があるぶん捨てにくいんだよー。

それでも読んだ本はブクログに登録したりして、モノ自体は処分するよう心がけました。

全く同じ本が2冊出てきた時は死んだ。

 

とりあえずクローゼットに突っ込め!!

そうして選別した本やCDはとりあえずクローゼットの下段に突っ込みました。

なぜ下段かというと、本は重いのでヘタに中段とかに置くと棚板が歪むんだなー。

借りてる部屋の作り付けのクローゼットなんで、棚板ぶっ壊すわけにいかないんですよね。

あと、下段という置き場所を決めたことでクローゼット内にちょっとしたルールが生まれます。

 

服は簡単に畳んで、無印良品でいくつか買ってきた長方形ボックスに、

夏服冬服を分けて突っ込みました。で、使わない夏服ボックスはクローゼットにイン。

コレで今後の衣替えは、夏服ボックスを出して、

代わりに冬服ボックスをクローゼットに突っ込めば良いわけです。我ながら良いアイデア(笑)

 

 

 

 このボックスは丈夫でフタも付いてるのでかなり便利です。持ち運びの取っ手も裏表両側にあります。無印さんありがとー!

 

散らかりやすい服と本をクローゼットに突っ込み、目隠しが出来たことで、かなり片付いた印象になりました。

 

クローゼットに入らなかったモノ

 

クローゼットに入らないor入れたくないものも当然あります。

 

・洗濯物

・カップ麺など非常食

・雑誌

・仕事の書類……等々

 

溜まった洗濯物はとにかくガンガン洗濯して乾燥機かけて無印のボックスに突っ込みます。

その際に、洗濯用で使ってた2つのバケツのうち、

小さい方に買い置き洗剤とか詰めて洗面台の棚にイン。

使えそうなバケツでも2つもあれば床が散らかる原因になるからです。

まあ1番はこまめに洗濯しろよってハナシなんですけど…

 

買い置きの非常食や常温で平気なお菓子は、先述の無印のボックスに突っ込みます。

コレでフタして置いとけば衛生的です。

 

雑誌や書類は占領する床面積を小さくするために無印良品で買ってきたファイルボックスに立てておきます。もちろん不要なモノは捨てます。

保険とかの大事な通知は別の引き出しにまとめて入れます。

 

 

 

なんだか無印良品のまわしものみたいになってきた………。

ちなみに収納のボックスは、想定より2個くらい多めに買った方が良いと思います。

いろいろ突っ込んでるうちに足りなくなってくるので。わたしの場合結局5個くらい買ったかな。

 

掃除を楽しくやる。

モチベーションの話です。

一人暮らしの部屋で、どうせ誰も来ないとなると、掃除する意味とは???ってやる気が迷子になりませんか?え?ならない?うーん。そんな貴方は立派です。

私はなります。そのためいつも中途半端な掃除になったり、いっそ何もしないこともよくありました。

そんな時にグッとモチベーションを上げる方法があります。

 

部屋の写真を撮る

 

それだけ。

 

掃除前の汚ったない部屋の全景をスマホで一枚パシャっと撮る。

やる気がなくなってきた頃に一枚パシャリ。

 

そんで、はじめの部屋の様子と今の様子を比較するわけです。別に誰かに見せなくて良いです。

そうすると…なんということでしょう

気分はビフォーアフターです。脳内でナレーションをつけたくなります。

写真を撮ることで、どのくらい片付けられたか、がすごく客観的に見えるので、自分の成果に嬉しくなります。また、あとどのあたりを片付ければもっと綺麗に見えるか、ということも分析できます。

たった数枚写真を撮るだけで、掃除にやりがいが出てきます。試してみてください。

 

蛇足ですが、部屋を片付けたあとも度々汚い部屋の写真を見返すことで、

自分を戒めることが出来ます。汚部屋リバウンド防止に役立ってます。

 

↓私のビフォーアフターです。ざっくりですが、確実に片付いてることがわかります。

 

f:id:tororomix:20161214165805j:image

 

 

一人暮らしの掃除で便利なもの

今回の掃除で便利だったものをあげていきます。(フローリングの掃除中心)

 

 

花王 食卓クイックルウエットクロス

花王 食卓クイックルウエットクロス

 

 

食卓とありますが、 机の上でも床でもなんでも拭ける。清潔になるし、台布巾や雑巾を濡らして絞ってゆすぐ、といった手間が無い。簡単に綺麗に済ませたい人向け。

 

 

花王クイックルワイパー / ワイドサイズ

花王クイックルワイパー / ワイドサイズ

 

 

 普通の乾いたシートも上記の食卓クイックルのシートもくっつけて床掃除出来る。定番ですね。

 

オーエ サッとる テーブルホーキ L グレー

オーエ サッとる テーブルホーキ L グレー

 

 クイックルワイパーで取りきれなかったゴミを集めるのに。

仕上げにちょっとホウキで掃くと、細かいゴミが集められます。消しかす等にも便利。

柄が長いのは、ジャマになるのでオススメしません。

 

 

TVやPCのホコリ取りに。いわゆるメガネ拭きの布です。

ササーっとなでるだけで綺麗になるので気持ち良い。

 

 

 今回の掃除では掃除機を使いませんでした。

一人暮らしのせまいワンルーム程度ならクイックルワイパーとちりとりほうきで充分綺麗になります。

コードレスだし、電気代かからないし。フィルター掃除も不要。

むしろ掃除機を置くスペースが勿体無いかも……

 

f:id:tororomix:20161214155814j:image

 ↑床にモノがないだけでこんなにキレイに見える!

まとめ

今回は骨折をきっかけに

ストレスフリーで室内を移動できる部屋を目指して大掃除を敢行しました。

クローゼットの中に突っ込んだものの整頓とかまだまだ手直ししたい部分はあるのですが、

おおむね良い感じにまとまりました。まだまだ床置きしてるモノもあるけど。

あくまでモノを跨がない部屋を目標にしたので、最低限のことしかやってません。

私と同様の、ものすごくずぼらな人向けの掃除だと思います。

でも、これだけでも見た目も気分も良くなりました。

 

また骨折等をした時、怪我以外で自分の首を絞めたくないので、これから頑張って維持しようと思います。解散ッ!!

機械音痴のオタクがiPad Pro を買ってみた話

このブログを読む前に

この文章に目を留めてくれた方

iPad Proで検索してたら出てきちゃったと言う方

 

はじめに言っときますが、機械音痴の一介のオタクがiPad Proを買うまでと

買ってみてどう思ったかの感想程度なので、

 

仕様のレビューとかマニアックな話とか出来ません。

購入の判断などの参考にはしないでください。責任取れません

タブレット自体買うの初めてです。(携帯はiPhoneです)

 

以上の3点を心にとめて、ゆる〜〜〜い気持ちでお読みください。

 

iPadが欲しいなぁ期

iPadを買う前はネットもメール殆どiPhone5s頼りきりでした。PCは大学時代のノートPCが一台。CDをウォークマンにオとしたり、DVD観たり、ペンタブでお絵描きするくらいしか使ってませんでした。

職場でタブレット(おそらくiPad Air)を使う機会があり、画面がキレイで操作もしやすく、あこがれの機器で、いつか欲しいなぁ、と漠然と思っていました。

しかし、iPad買って何をするのか?と考えれば

 

TwitterとLINE

Pixivの閲覧

YouTubeとニコ動を見る

たまに調べもの………

 

なんだ、iPhoneでやってることと同じじゃねぇか。

 

画面が大きくなっただけ。

大した用途がないなぁと思い、しばらく買うのを躊躇してました。

 

iPadのペンが出た。

 

iPad ProとApple Pencilをネットで見つけて、びっくり。

これがあれば寝ながらお絵描き出来るなぁ。なんて不純な動機で電気屋さんに立ち寄りました。

これはすごい!!!

電気屋さんの展示コーナーで大興奮し、ウロウロしまくって帰りました。迷惑な客ですね。

その後も、なかなか購入の決断が出来ず、展示コーナーのiPadでお絵描きしに電気屋さんに数回通いました。しかしチキンで機械音痴なので店員さんには一回しか話しかけられませんでした。

 

iPad買った日

買うタイミングを逃しまくっているうちに、職場の試験等があったりしてそれどころではなくなりました。そこで、この試験がおわったらご褒美に買おう、と漠然と決意して試験勉強してました。

 

そしてついに購入の日。

なかなか踏ん切りがつかず、展示コーナーを徘徊。

何度も言いますが、チキンなのでアドバイザー的なお兄さんには話しかけられず、レジの優しそうなお姉さんを引っ張り出して、iPad Pro とApple Pencil  外付けカバーと液晶フィルムも合わせて一揃い購入しました。

 

しめて、97,804円!!!

いや〜〜〜〜デカイ買い物だった!!!

 

持ち帰って、初期設定が大変だったんだけど、それは詳しく書きません。ホント初期設定に必要な動作(アクティベート?) がうまくいかなくて半泣きでした。iPhoneで検索しまくった。

ありがとうそしてありがとうiPhone

 

iPad Proを一ヶ月ちょっと使ってみて。

 

iPad Proの良いところ。

 

①画面がデカイ&キレイ

      当たり前なんですが。

      iPhoneでちまちま見てた動画がノートサイズの画面で見られるようになりました。

      心なしか目に優しい気がする。デジタルのコミックも読みやすいです。

      ただし見開きはみられない。

 ②文字が打ちやすい。

    ローマ字入力するときキーボードのように文字が打てます。大きな画面さまさまですね。

    iPhoneでちまちまと入力するよりストレスがなくなりました。

③お絵描き出来る

    ペン 使ってお絵描きできます。アプリをいろいろ落としてみたけど、Skechesが一番使いやすい。

    アナログと同じ平面に絵を描く形なので、デジタル初心者に優しい。

④音がキレイ

   iPhoneよりもスピーカーが多いらしく、すごく良い音が出ます。そして大音量。

   iPhoneで音楽聴かない私がiPadでは音楽聴いてる!

⑤目覚ましが一個増えた

    アラーム音めっちゃデカイので寝坊防止に役立ってます。

⑥操作がラク

    iPhone使ってる人ならほとんど操作に困ることはありません。

    あと、通信速度もストレスないです。

 

iPadを買って生活は変わったか?

 実はほとんど変わってません。見る画面が少し大きくなって、お絵描きするツールが増えたくらい。

でもiPadを買ったテンションで、kindleをダウンロードし、初めて電子書籍に手を出してみたり、初めて友人とさぎょイプしてみたり、アプリで将棋を始めてみたり、新しい機能にチャレンジすることができました。

仕事ではまったく使わないので、オタク生活に特化したようなアプリの取り方をしてます。

 

f:id:tororomix:20161028093943p:image

f:id:tororomix:20161028094003p:image

 

↑私のホーム画面の一部ですが、本当に大したアプリとってません。

しかもまだ壁紙が初期設定のまま(笑)

 

結論: iPadを買っても生活は変わらない。

            iPhoneで出来ることを大画面でやってるイメージ。

             ただし、ちょっとだけ毎日が楽しくなる!!!

 

 

今のところ、iPad買って後悔したことはありません。

Apple製品詳しい人ならもっとちゃんとした感想書けるんでしょうが、

機械音痴のオタク社会人がiPadを手に入れて素直に感じたことを書きました。

 ここまで読んでくれた心優しい方、どうもありがとうございます。